旅のヒント

1
治安
ペルーを旅行する際に気を付けるべき点は、他の国を旅行する時と変わりありません。公共の場では持ち物に気を配り、夜間は人通りの少ない場所には行かないことです。

2
健康
山岳地域へ旅行する際は高山病に注意する必要があります。少しずつ滞在地の高度を上げていく高度順応がもっとも効果的です。また、高地到着日は体を休め、ゆっくりと行動すること、軽い食事をとること、水分を充分摂ることをお勧めします。心臓に問題がある方が高地へ行かれる場合は事前に医師にご相談下さい。 現在、ペルー入国時にはイエローカードは必要ありませんが、アマゾン地域へ行く際は、皮膚の露出部分に虫除けスプレーを吹きつけ蚊に刺されないようご注意下さい。 また、ペルーの観光中は標高の高いところが多く、気温が高くなくても日差しが強く日焼けし易いので日焼け止めを常に使うか長袖のシャツを着用してください。

3
ビザと税関
日本人観光客はビザを必要としません。最大183日まで滞在することができます。(パスポートの有効期間は入国から6ヵ月以上必要。また、未使用査証ページが5ページ以上あることが望ましい)。さらに長期にわたって滞在する場合(居住、勉学、仕事など他の目的で)は渡航前にペルー領事館でビザを申請する必要があります。現在、入国カードは必要ありませんが、税関申告書には記入をお願いします。また、米国経由でペルーを訪れる方はESTAの取得を忘れないようにしてください。

4
通貨と支払い方法
ペルーの通貨はソル(S/)です。一部の店舗、レストランなどでは米ドルで支払うこともで きます。日本円は使用できません。日本円はホルヘ・チャベス国際空港の両替所で両替できますが、レートはかなり悪いようです。なお、空港以外の両替所では円の両替はできません。ATMの利用をお勧めします。大きなスーパーマーケットやレストランではクレジットカードの支払いも一般的です、アメリカンエクスプレス、ビザ、ダイナース、マスターカードが使えます。