観光地情報

南部

海岸砂漠地域


ナスカ

広大なナスカとフマナの平原には、神秘的な直線と、幾何学的な模様、そして動物、擬人化された生き物、植物等の地上絵があります。しかし、これらの外観は小さな飛行機に乗って上空から眺めなければはっきりと認識することはできません。時間の経過も、そして地域特有の強風も、さらに他の自然災害も2,000年の長きにわたり消すことのできなかったこれらの地上絵は、数々の研究にもかかわらず、いまだに謎のままです。



沿岸部の砂漠の中ほどのフナマ平原には、ナスカの地上絵と呼ばれる巨大な人造図形があり、動物、鳥、神などが描かれています。これはナスカ文化の中心的遺産であり、100 B.C.から600 A.D.の間に造成されました。今日に至るまで、どのように、そして何の目的でこれらの地上絵が描かれたのか、明らかになっていません。中には300メートルもの長さをもつものもあるその大きさのために、上空からしかこれらの全体像を捉えることはできません。
1927年に発見されて以来、数多くの説が発展してきました。地上絵の調査と保存にその生涯を捧げたドイツ人の学者であるマリア・ライヒェは、これらの絵がそれぞれ異なる太陽暦の期間を表すという天文学的な仮説を立てました。また彼女は、硬くて乾燥した土壌に溝を掘り、離れた土地から運んできた石でそれを埋めるという古代の慣習を発見しました。この地域に存在する天然の石膏成分が、何千年もの間地上絵を保存するのに役立ったのでしょう。





南部海岸砂漠地域(イカ県)



リマからナスカへの移動は長距離バスを使用する事になります。
※ナスカの空港は、地上絵を遊覧するためのセスナしか発着していなため、ペルー各地とナスカを結ぶ空路が無い状況です。

南部

アンデス山岳地域


クスコ

魅力、衝撃、自然、その物語や歴史のどれもが、通りに、広場に、谷や町村に息づいています。クスコの都市は、チョケキラオ、サクサイワマン、ケンコ、タンボマチャイ、オリャンタイタンボ、マチュピチュ(いにしえのペルー人が環境にやさしい地に、知恵で築き上げたインカの至宝)などで、石を意のままに扱ったインカの高い技術を証明するすばらしい見本です。山々を彩る段々畑や、過去が形作った、絵のように美しい村々である聖なる谷のような心にしみる魅力と風景。クスコ(ケチュア語でへその意)は、まさに世界の中心です。かつてインカ帝国の首都であったクスコは、南米で最も人気のある観光地の一つであり、巨大なマチュピチュへの旅の出発点です。この都市文化と建築様式はスペイン植民地時代とアンデスの要素を融合させた「メスティーソ」の完璧な例です。旅行者は活気のあるナイトライフ文化、数多くの博物館やその他の文化的アトラクションだけでなく、都市の限界を超えた山岳地帯での豊富なアクティビティも楽しんでいます。



クスコの中心部は歩き回れる大きさです。関心を集めている観光スポットのほとんどは、クスコへの旅行者が最初に立ち寄るアルマス広場から徒歩10-15分です。市内中心部は多くのカフェ、レストラン、そして主な観光地である大聖堂やラ・コンパニア・デ・イエス・キリスト教会に囲まれています。こことクスコの歴史的中心部には、500年前のインカ様式の上に植民地時代の建築物が建てられた、街のユニークなメスティーゾ様式の建築物が残っています。もう一つ必見なのは、「職人の町」として知られる絵のように魅力的な近隣地区であるサン・ブラスです。そこでは様々な伝統工芸品を見たり購入することができ、眼下には息を呑む素晴らしい街の景色を楽しめます。クスコ・アルマス広場 。インカ族時代には、「ワカイパタ」と呼ばれていました。ケチュア語で会うこと、または、泣く場所を意味します。 重要な公式の場所であり、「太陽のフェスティバル、インティライミが毎年祝われました。 フランシスコ・ピサロがクスコの征服を宣言した場所でもありました。 スペイン人の到着で広場は変わりました。スペイン人は石のアーチを造り、今も現存する建物を建築しました。サクサイワマン遺跡は33の遺跡からなり、サクサイワマン城砦が最もよく知られています。 この建物は宗教的な目的のために使われたと考えられますが、その場所とスタイルから、スペインや現代の作家は軍の建造物であると想像しました。 歴史家の間でのコンセンサスでは、サクサイワマンの建設は、インカ族のリーダーシップの下で、14世紀末から15世紀初頭に始まったようです。 建設期間については、現在の資料は約60年かかったことを示しています。 サクサイワマンは、ハナン・コスコあるいはアッパー・クスコで最も重要な寺院であり、アンデスの宇宙観、Inti(太陽)、Quilla(月)、チャスカ(星)、Illapa(稲妻)や他の神々を崇拝しています。 この建物は、石の寸法から、巨石建築と認められ、幾つかの石は重量が90"128トンにも及びます。 毎年6月24日、砦はInti Raymiまたは太陽のフェスティバルの舞台になります。



マチュピチュ6日間、マチュピチュとナスカの地上、砂漠のオアシスに行く7日間
マチュピチュとティティカカ湖に行く7日間
マチュピチュとレインボーマウンテンに行く7日間
ペルー満喫8日間、インカ満喫8日間、豪華寝台列車の旅9日間
ペルー満喫9日間、北と南のマチュピチュ10日間、映えるペルー10日間



アンデス山岳地域



クスコまではリマから定期フライトがあります(約1時間30分)

南部

アンデス山岳地域


マチュピチュ

マチュピチュは、ケチュア語で「老いた峰」という意味で、南部標高2400メ-トルの亜熱帯地域に築き上げられました。その美しさは訪れる人々を魅了し、すべてがミステリ-に包まれています。この南米のジャングル地帯の片隅に隠れるように造られたのは、なぜでしょうか。インカの人たちは、マチュピチュを何のために造ったのでしょうか。そして巨大な石をどのように運び、寸分違わずに積み上げ、高い壁を造ったのでしょうか。科学者や旅行者の中には、この謎を早く解きたいと思いを募らせている人が少なからずいることでしょう。また
マチュピチュ建築の完璧性を解明する方法は、超自然現象と考えるしかないという人も、多いのです。ですから、それぞれの人がこの城塞都市の造られた意味を見出すことが、とても重要なのです。疲れた旅人を蘇らせる偉大なエネルギーが、この遺跡の石から出ていると信じる人が多いのも事実です。



遺跡の入り口には、トイレ、電話、ファストフ-ドレストラントとホテルがあります。麓のマチュピチュ村(アグアス・カリエンテス村として知られていました)には、各クラスのホテル、レストラン、民芸品店が揃っています。マチュピチュへ向かうインカ道には、マチュピチュ業務団体(UGM)により、宿泊できるところが表示されています。ウィニャイワイナでは、基本的なサ-ビスが受けられ、39人宿泊できる宿泊施設があり、レストランは100人が利用できます。許可を得た旅行会社がこのル-トで、食事、テント、寝袋のサ-ビスを提供しています。インカ帝国はタウワンティスヨ全土において、行政、宗教を集約するため道路網をはりめぐらせました。クスコとマチュピチュ間もこの1つです。アドベンチャ-旅行の愛好家の方は、現在でもこの古代の道を歩くことができます。モジェパタからサルカンタイ雪山の斜面を通り、4日間でインカの失われた空中都市に到着します。また、トレッキングに参加することのできない人でも、ウィニャイワイナ遺跡を訪れる1日ツアーがあります。



マチュピチュ6日間、マチュピチュとナスカの地上 砂漠のオアシスに行く7日間
マチュピチュとティティカカ湖に行く7日間、マチュピチュとレインボーマウンテンに行く7日間
ペルー満喫8日間、インカ満喫8日間、ペルー満喫9日間
プレインカとインカ満喫9日間、ゆっくりペルー10日間、北と南のマチュピチュ10日間



アンデス山岳地域



電車とバス、またはインカ・トレイルを歩いて街にアクセスできます。好みや体力レベルによりトレイルは4~8日かかることがあります。クスコから電車とバスを使うと4時間ほどで到着します。

南部

アンデス山岳地域


レインボーマウンテン

SNSで脚光を浴びた新しい観光地です。日本旅行業協会(JATA)が、このビニクンカ(Vinicunca、別名「レインボーマウンテン」)を「アメリカ大陸 記憶に刻まれる風景30選」に選んだと発表しました。



トレッキングルートとしては難易度が低いのですが標高5,000m以上の山道を片道3時間以上かかるので、適切な旅行会社、ガイドを雇うことをお勧めします。馬で行くことも可能ですので体力が心配な方は馬を利用してください (それでも途中、歩く箇所があります) 。また、1泊2日での行程もお薦めしています。



マチュピチュとレインボーマウンテンに行く7日間



アンデス山岳地域



クスコからバスか車で3時間、その後、3時間ほどのトレッキングで到着します。

南部

アンデス山岳地域


聖なる谷

聖なる谷。ウルバンバ川を中心とするこのエリアはその文化と景色の独自性から最近非常に注目を浴びています。



バスでクスコから1時間に位置するピサックの町は、ペルーの最高の職人の市場の1つが毎日行われる、聖なる谷内の小さく美しい町です。 日曜日には地元の人々も新鮮な食材を販売しています。町の上にある急なトレッキングの先にある古代の要塞は、階段を備えた優れたインカの石積みと石に巧みに掘られた水路を見ることが出来ます。 ここから、谷の壮大な景色が見えます。この要塞は10世紀または11世紀に人々が居住していたと考えられ、インカ帝国下では重要な地域の拠点になっていたと思われます。この遺跡の見所は、マチュピチュにもある太陽の神殿です。この神殿は天文台であると考えられ、この遺跡の中心となっています。オリャンタイタンボは人々が先祖の日常の生活を続けてきた驚くべき生きる文化の一例です。「生きたインカの町」としても知られています。ここには踏み鋤を使った畑の耕作や、十字架祭やオリャンタイ・タン・レイミなどの活気ある地元の多くの祭典が残っています。オリャンタイタンボ遺跡は、中央の寺院、農業用テラス、高い壁や塔に囲まれた都市部を含む重要な行政・軍事施設と考えられています。モライの遺跡はギリシャの円形劇場に似ていますが、この円形テラスは、特定の作物が繁栄できる最良の条件を見つけるための実験農業としてインカの人々によって実際に使用されていました。 この遺跡は、農業生産と水力利用におけるインカの創意工夫の一例です。モライの遺跡のすぐ近くに位置するマラスの塩田は、前コロンビア時代の塩釜で、400年以上前から現在でも利用されています。 彼らは3,000人の人工井戸に食塩泉を流し込み、数千個の手作りの池の中で食塩泉を太陽熱で蒸発させ塩を作ります。



インカ満喫8日間、ゆっくりペルー10日間、映えるペルー10日間



アンデス山岳地域



クスコからバス、自動車で2時間以内の範囲にあります。

南部

アンデス山岳地域


ティティカカ湖(プーノ)

アンデス高原に位置し、インカ人にとって神聖な自然の島と人工の島のあるティティカカ湖が面積の大部分を占めます。スペイン人による植民以前に起源を持つ、昔からチュルパ(墳墓)と呼ばれる円形遺跡があります、また数ある寺院が、コロニアル様式という特徴をもっています。人々は祖先よりケチュアまたアイマラ族の血を引くことを誇りにしており、毎年恒例のカンデラリア祭では、踊りや儀式に伝統民俗が色濃く反映されています。プーノは、伝説、色彩豊かな祭り、自然と人工の島々の土地です。



その静けさと同時に息を呑む光景が広がる壮大なティティカカ湖は、海抜3,827メートルに位置する世界最大の高標高湖の一つです。 ペルーとボリビアに共有されるこの湖は8,300平方キロメートル以上の面積を占め、スイスのジュネーブ湖の15倍にもなるその大きさは圧巻です。ティティカカ国立保護区は、多種多様な鳥や魚の保護地域ですが、古代の文化や湖のいたるところに点在する多くの島々での伝統的な生活様式を伝承するアンデス人(アイマラとケチュア)の地域社会を保護も果たしています。ティティカカ湖のペルー側にあるこの島々は、この地域で最も人気もあります。タキーレ島は、350のケチュア語圏の家族が住んでいる自然の島で、手織りのカラフルな服を着て訪問者を迎えます。実際、この美しい精巧にできた織物は、ユネスコの人類の口承及び無形遺産の傑作に認定されています。織物からの収入だけでなく、地域社会は、何千年もの間使われてきた伝統的な農業の慣習に従ってジャガイモ、キヌア、トウモロコシを栽培し農業を通じて生活を支えています。ウロス諸島は何世紀も前にウロス族によって造られた人工の浮き島で、信じられない程に珍しい葦で造られたて島です。アイマラ語を話す為、ウロス族は「地球上最古の人々」であるとみなされており、織物、釣り、野鳥の狩猟などの古代の伝統を保持しています。旅行者はこの魅力的なコミュニティを訪れたことを後悔することはないでしょう。スペインの征服以前のアンデス文化のような生活を垣間見ることは、大変ユニークで特別な経験です。





アンデス山岳地域



リマから近郊のフリアカ空港まで飛行機で約1時間

南部

アンデス山岳地域


アレキパ

アレキパは非常に美しい地域です。 同名の首都には、その大部分がシラー(白い火山石)から造られた壮大な植民地時代の大邸宅、教会、修道院があります。この白い火山石から、この都市には「ホワイト・シティ」のニックネームがつけられました。 美しい植民地時代の都市を取り巻いているのは、荒涼とした高標高の砂漠、活火山、そして世界で最も深い渓谷といった完全に対照的な風景です。アレキパの街は、ペルー南部の様々な周遊旅行の出発点です。 無数のアドベンチャーや野生生物のスポットを訪れたり、荘厳な景観を訪ねて思いに耽る機会もあります。切り石(白い石)の街、雪をかぶった峰々、ミスティのような火山、コタワシやコルカといった深い峡谷、有名な料理、小さな入り江、そしてビーチ。アレキパは、コスタ(海岸地帯)とアンデス山脈まで広がるペルー南部のシエラ(山岳地帯)にあり、雪を頂くアンパト峰(6,288m)、チャンチャニ山(6,075m)、ミスティ山(5,825m)がそびえ立っています。



植民地都市のアレキパは印象的な火山ミスティのふもとにあり、旅行者に多くのアトラクションを提供しています。 この地域に来たらユネスコの世界遺産に登録されている「ホワイト・シティ」の美しい通りを1日か2日かけて歩いて回ることは必須です。メイン広場からスタートし大聖堂を訪ねた後の主な見どころには、回廊、広場、通り、藁葺屋根、舗装された床のある、小さくて壁で囲まれた要塞であるサンタカタリーナ修道院があります。 修道院は1580年に修道会の女性メンバーのための静養先として開かれました。 今日では、貴重な植民地時代の絵画や歴史的に関心の高いものを展示しています。聖ラザロの下町をさまようのも楽しいでしょう。これはアレキパの最古の場所と言われており、曲がりくねった路地、小さく、絵のような広場と美しい家が魅力的な地区です。サンタカタリーナ修道院。1580年に設立され、最終的には回廊、広場、通り、タイル張りの屋根や玉石舗装を含むほどに拡張されました。この壁に囲まれた砦は、都市の名家から集まった教養のある修道女のための修道会として使われました。 町の内部には、クスコスクールの貴重な絵画、彫刻や彫像、宗教的な遺物、保存状態の良い400年以上前の日常生活の具体的なセッティングなどが収納されています。アレキパから離れた高原地方(市内から378km)にあるもう一つの天然記念物であるコタワシは、世界で最も深い渓谷の一つです(最も深いと言う人もいます)。 グランドキャニオンの2倍の深さで、約3,562メートルあります。渓谷とその周辺を取り囲む地域は、断崖、川、雪を頂いた滝、温泉、トウモロコシの畑や柑橘類の木々に囲まれた絵のような日干しレンガの村々など未踏の景観が楽しめる景観保護区となっています。コルカ渓谷のように、コタワシにはアドベンチャースポーツができる可能性がたくさんあります。アレキパから車で約4時間のところにあるコルカ渓谷は、ペルーで3番目に観光客が訪れる場所で、その理由を理解するのは難しくありません。 2,000年前、カバーナ族とコラグア族が元々占領していたこの地域は、自然遺産と驚きの生活史を探索するのに無限の機会があります。旅行者は、地元の人々と交流し、非凡な伝統的建築を賞賛し、道沿いにリャマの群れとすれ違いながら渓谷中の14の植民地時代の町を巡れます。 カヌー、ラフティング、登山、ハイキング、マウンテンバイク、乗馬のすべてがこの地域では可能で、アンデスのコンドルが舞う壮大な渓谷(深さ3,200m)を眺めるための多くの展望台があります。



豪華寝台列車の旅9日間



アンデス山岳地域



リマからアレキパ空港まで飛行機で1時間半

南部

アマゾン熱帯雨林地域


プエルトマルドナード

プエルトマルドナードは果てしなく続く森、曲がりくねった川、豊かな自然に恵まれています。動植物の保護区で、タテガミオオカミ、アメリカヌマジカなど絶滅危惧種を保護しています。またサンドバル湖、バレンシア湖、マヌー国立公園、タンボパタ国立保護地域、バワハ・ソネネ国立公園など、世界有数の生物多様性地域で、エコツーリズムを推進する先住民共同体の生活圏です。 さらにペルー唯一サバナ気候がある地域です。ここでの体験は、ガイド、あるいはツアー会社による案内でのみ楽しむことができます。



ここはペルーのアマゾンで最も生物多様性のある地域と考えられており、途方なく続くように見える未開墾の熱帯雨林、川、原始のままの湖のある2つの特別な野生生物保護区の本拠地です。このエリアには、専門家のガイドが揃う、ボートでのみ到達できるジャングル・ロッジが最も集中しています。この地域の多くの土地は国立公園であり、何百もの動植物の種を保護しています。中にはここでしか生息していない動植物もいます。  国立公園はまた、伝統と言語を伝承している原住民を保護しています。マヌー国立公園は、2万平方キロメートルの広大な面積を占めています。アマゾンで最も美しい野生生物保護区で、1987年以来、世界で最も重要なものの1つとしてユネスコ世界遺産に指定されました。この保護区域は、ラテンアメリカの唯一の公園で、海抜4000メートルにある高原から温帯降雨林、低地の熱帯ジャングルに至るまで、あらゆる環境条件を提供しています。この多様な環境は、5,000種以上の草花、1,200種の蝶、1,000種の鳥類、200種類以上の哺乳動物(ジャガー、ヒョウ、バク、シカ、クモザルなど)の信じられない程の多様性に貢献しています。公園内のハイライトには、数多くのクレイリック、高さ18メートルの塔、高架式の歩道があり、鳥の観察や広大に広がる森へ続いています。
マヌー国立公園のエコ・ツアーはアマゾン川流域で最も安いというわけではありません。遠隔地のために時間がかかります。しかし、旅行者に時間とお金があれば、彼らはあなたがここを手配した事に生涯感謝する事でしょう!国立公園に到着する最善の方法は、陸上を走行するか、クスコからチャーター便を利用することです。タンボパタ川とタンボパタ国立保護区。タンボパタ川は、プーノのプチィナプンクからアマゾンの緑豊かな熱帯雨林に流れ込み、タンボパタ国立保護区を流れ、マドレ・デ・ディオス川に合流します。川はペルーの最大の無人区域を蛇行し、スリルを求める人々のラフティングに最適の川です。タンボパタ国立保護区は2,500平方キロメートルの面積があり、生物の豊かな多様性と、プエルト・マルドナード(ボートで2時間)から比較的簡単にアクセスできるため、アマゾンを発見するのに最適な場所の1つです。しかし、アマゾン地域の他の保護区同様に、旅行者は免許を持ったツアーオペレーターを通さなければ入場できません。ここでは、630種以上の鳥類、169種の哺乳類、1,200種の蝶類、その他多数の魚類や爬虫類が生息しています。 ハイライトの一つは、早朝のクレイリック観察で、そこには、毎朝5.30~9.00amの間に何百ものコンゴウ・インコとオウムが集まります。
エセエハは、古代からここに住んでいた原住民族です。そのコミュニティの一つは民間企業と協力して、宿泊やガイド付きツアーなどの多様な活動や観光サービスを提供し、非常に成功したエコツーリズムの一例となっています。プエルトマルドナードの観光スポットには、街にそびえ立つ高さ30メートルのオベリスクがあり、街のカラフルな住宅とジャングル周辺の素晴らしい景色を楽しむことができます。また、地元の出身のコミュニティから数多くの果物や薬品を提供する賑やかな中央市場も眺められます。ペルーで最高の熱帯雨林ロッジにはプエルトマルドナードへ簡単にアクセスでき、マドレ・デ・ディオス川またはタンボパタ川で素晴らしい地元ガイドによる野生動物の体験を提供しているところもあります。この活気に満ちた町は、近隣保護区、マヌー国立公園(ペルーで最も重要な場所のひとつ)とタンボパタ・カンダモ国立保護区を訪ねるのには最適な拠点です。



ペルージャングル体験 9日間



アマゾン熱帯雨林地域



リマから航空機で1時間40分、クスコから航空機で1時間。