観光地情報

北部

海岸砂漠地域


チクラヨ

チクラヨはペルー北部の商業中心地であるため、周辺地域を探索するための拠点として観光客によく利用されています。



トゥクメ遺跡はランバイケ、チムーとインカによって異なる時間の住居者がおり、26 のピラミッドで構成されています。 この遺跡の神秘的な建物を取り巻く伝説にはナイトライトとセテーニ女王が海から建設を容易にする道具を持って出現したとあります。この遺跡は主要な地域であり、巡礼の場所でした。 この遺跡の考古学的研究は、3つの主要な構造:大神殿、神殿、および神聖な石の寺院に集中しています。 調査結果によると、海洋文化の遺跡、商業拠点としての地域の役割、住民の生活の詳細が明らかになりました。シパン王墓博物館は南米最高の博物館の1つであり、2002年に発足し、シパン王と呼ばれるリーダーの墓であるモチェ文化の最も重要な考古学的発見を展示しています。 コレクションの作品は世界中で展示されています。シパンの住人たちの日常生活の様子が陶器に描かれているコレクションが展示されている3階から始まり、2階には宝飾品、葬儀装飾品、奉納品などの墓の最も顕著な発見の一部があり、1階には王の墓の修復に至り、2人の勇士、2人の若い女性、 小さな男の子、犬と2つの犠牲ラマといった埋蔵品が展示されています。この素晴らしい博物館には、「シパンの旧約」を含む、近くにある別の墓の再現も見ることが出来ます。チクラヨから北に20km離れたフェレナフェに位置する国立シカン博物館は、バタングランデの近くの遺跡での考古学的調査結果を展示する博物館であり、シカン文化の探求 - その発展、家庭生活のジオラマ、そして 発掘された工芸品が展示されています。この文化は、葬儀用のマスク、ナイフ、ジュエリーなどの冶金技術(加熱金属)、特に博物館に展示されている墓、墓地の衣服のレプリカとともに知ることが出来ます。この博物館に展示されている物の多くは、シカン王の墓を含む近くのバタングランデ考古学遺跡にあります。




海岸砂漠地域



チクラヨまではリマから定期フライトがあります(約1時間40分)。

北部

海岸砂漠地域


トルヒーヨ

北部の砂漠の領域は、ペルーの最も豊富な考古学的地域の1つであり、南米のエジプトと呼ばれています。 植民地時代の伝統建築の町トルヒーヨは、近くの古代の不思議を探索するのに最適な場所です。



太陽と月の神殿。「モチェの神殿」と総称されるこの建物は、モチェの文化に起因する考古学的複合施設で、首都であったと考えられています。太陽の神殿はアメリカ大陸で最も背の高いアドーヴ構造ですが、現在見ることが出来るのは元の構造のわずか30%だけです! それは西暦500年に完成し、完成するまでに約20万人の労働力を必要とされた推定されます。月の神殿は太陽の神殿から約500mのところに位置し、小さくて複雑な構造で、カラフルなフレスコ画で有名です。 ピラミッドは相互に接続された部屋と内部のパティオを備え、壁にはアイ・アペックの顔、生と死の師であるモチェの神が描かれています。 彼は常に生贄を必要としており、1995年に考古学者は42人の生贄のあとを発見しました。モチェ文化の崩壊後も、この地域は引き続き高く評価され、儀式の中心地として使用された。現地の博物館、モチェ神殿博物館は、モチェ建築を発祥させるためのピラミッド・スタイルで造られ、陶器やその他の工芸品を展示しています。チャンチャン遺跡は、前ヒスパニック時代のアメリカの最大の泥レンガ造りの都市で、1986年にユネスコによって世界遺産が宣言されたチムー文化の首都として知られています。巨大で印象的な要塞は、過去の壮大さの面影を残しています。 チムーはその内部と周囲を精巧に飾ることが知られていました。その寺院は金で飾られ、壁は明るく塗られ、装飾動物は貴金属で作られ、宮殿の庭園をでは植物が栽培されていました。チュディは砦の主要部分ですが、チャンチャン複合施設の最も完全に復元された場所であるため、お客様にアルコ・リリス神殿を訪問してください。神殿は2つの層で構成されています。下部の層は倉庫に使用される可能性のある14の長方形の部屋から成り、上部の層は儀式のための領域として使用されると考えられています。 ピラミッドの内壁のほとんどは美しく修復されており、中心的なモチーフが全体を通して見られます。形は完全に合意されていませんが、ほとんどが竜であると考えられているため、神殿の別名は「ドラゴン」です。エル・ブルホ遺跡は、トルヒーヨの近くに位置する3つのモチェ建造の神殿(カオ・ビエホ、コルタド、プリエタ)のコレクションです。 これは、ヒーラー、魔女、シャーマンが頻繁に訪れた場所であると考えられています。そのため、ブルホという名前は魔法使いを意味します。 遺跡は西暦1世紀までさかのぼり、モチェ文化の最も重要な宗教的場所の1つとして、およそ9世紀まで使用されていました。
カオ・ビエホのピラミッドは月の神殿と比較して色とりどりの壁のデザインをしており、多くの地元の伝説の源です。 これらのうちの1つは、神殿の入り口に現れて海に押し寄せて沈む金の姿を示しています - おそらくそれはまだ北海岸のどこかに埋まっているでしょう。この遺跡は、海洋生物、様々な神々のイメージが装飾され、赤、白、黒、青、ピンク、および淡褐色の顔料で着色された数千のブロックで作られた儀式の広場が存在します。
エル・ブルホ遺跡はまた、カオ - ペルーの最も有名なミイラの女性「カオの女王」が発見された場所です。 「カオの女王」は、冠、宝飾品、その他の象徴のような多くの貴重な人工物の中に埋もれた、カオ・ビエホで発見されました。 これは考古学者に、これが女王の墓の発見であったと信じさせました。 確かに、彼女はモチェの歴史の中で最も強力な女性であり、チカマの王国の支配者であると考えられています。観光客は彼女が発見された埋葬所を見ることができ、カオ博物館の中にはミイラを含む墓の内容を見ることができます



プレインカとインカ満喫9日間



海岸砂漠地域



トルヒーヨまではリマから定期フライトがあります(約1時間40分)

北部

アマゾン熱帯雨林地域


チャチャポヤス

チャチャポヤスは、アマゾンの北東端に位置する高地とジャングルの両方にまたがる地域です。この地域は山中にありますが、アマゾナス区域にあるジャングルの果実を楽しめます。チャチャポヤスは、様々な植物やアンデスクマやペルーの国鳥であるアンデス・イワドリのような動物が生息しています。チャチャポヤスとも呼ばれる首都は、海抜2,334メートルに位置する、活気に満ちた市街地で、アンデスの高いところにあります。この地域の主要な観光スポットは市外にあり、この街を拠点とて訪れることになります。 それは世界で最も高いいくつかの滝と、重要な遺跡などで、その内の一つはマチュピチュに匹敵すると言われていますが、まだ、観光客は少ないで訪れるチャンスです!



クエラップ遺跡はペルー北部のアマゾン・アンデス山頂に位置し、海抜度3,000メートルの高さにあり、その威風堂々たる遺跡は800~1470 A.D.に発達した前インカ文化であるチャチャポヤス時代に建築されました。その位置と構造により、この要塞は他者を防ぐように設計されました。しかし、チャチャポヤス人はインカ人に征服されてしまいました。緑の山腹にある20メートルの高さを持つ大きな石壁を遠くから眺めることができます。これは都市を守っており、その入口を壁に挟まれた狭い通路3つだけに制限しています。クエラップ要塞の内部では、最大で420もある、ジグザグや菱形のフリーズを有する石造りの円形の家並を鑑賞できます。要塞の上からは、緑に覆われた自然地形がいかにこの場所を守っているかを俯瞰することができます。この考古学的に重要な要塞に辿りつくこと自体が、十分に価値ある冒険と言っても過言ではありません。また、カラヒア棺、ゴクタ滝、レイメバンバ遺跡と空中都市の名にふさわしい遺跡や絶景が特徴的です。



チャチャポヤス観光8日間



アマゾン熱帯雨林地域



リマからはチャチャポヤス近郊のハエンまで定期便があります。(約1時間40分) ハエンからチャチャポヤスは車で移動します。(約3時間)

北部

アマゾン熱帯雨林地域


イキトス

この地域を世界最大で水量豊かなアマゾン川が流れ、熱帯雨林の奥深くの村々をつなぐ主な交通手段ともなっています。白い砂地の上に茂る森に多種多様な動植物が生息しています。イキトスでは、ピンクイルカが生息するパカヤ・サミリア国立保護地域や、特有の鳥類が生息し土壌の種類が特徴的なアルパウアヨ・ミシャナ保護地域など、エキゾチックな風景が広がっています。この地域の先住人共同体との交流も欠かせません。各市街地には、古くからの美しく建築様式もあります。ロレートは、さまざまな体験に満ちたところです。



この熱帯雨林地域北部は、ペルーのジャングルの中で最も定評のある観光地で、多くの評判の高いツアーオペレーターが様々なロッジの宿泊、ジャングルツアー、クルーズを提供しています。イキトスは、ペルーのジャングルで最大の都市であり、熱帯雨林地域の首都と呼ばれアマゾン北部への入り口です。人口は50万人で、貿易と観光の拠点となっていますが、イキトスは遠隔地にあるために親しみやすさと「小さな町」の雰囲気を保ち続けています。そこへば、航空機か船でしか行くことができません。イキトスはジャングルへ行く前に数日間する観光客にとって、多くの観光地があります。活気のあるナイトライフが楽しめるリバー・フロント・エリアには19世紀から20世紀初頭の美しい建築物(ゴムブームの遺物)があります。建築のハイライトには、1889年のパリ万国博覧会のためにエッフェル塔で有名なギュスターヴ・エッフェルによってデザインされ、後に地元のゴムの豪商の一人によってイキトスへ移築されたカーサ・デ・フィエロ(アイアンハウス)があります。アラビア・タイルとアールヌーヴォー様式の建物は、19世紀後半にゴムの輸出によりリマよりヨーロッパとより交流のあったイキトスのかつての栄光が伺えますその他に必見なのは、熱帯雨林に住む40種類の先住民文化を資料を提供する国立装飾アート博物館と、ベレンの港と市場があります。このエリアには、イキトスのニックネーム「ペルージャングルのベネチア」が名づけられた理由である、水中からの支柱により水上に建てられた素朴な木造の家々などイキトスの古典的なイメージがあります。有名な市場はこの地方にもあり、地元の生産物、新鮮な魚やその他珍しいものが揃います。ジャングルへの多くの長期旅行の出発点であるだけでなく、熱帯雨林、動物救助センター、ビーチ、ラグーンなど、イキトス周辺への簡単な日帰り旅行もできます。



豪華クルーズの旅9日間



アマゾン熱帯雨林地域



イキトスではリマから定期フライトがあります(約2時間00分)