ペルーを楽しもう!

美食の国ペルー


世界で注目されるペルー料理
ペルーは世界有数の美食大国です。昨年は「ワールド・トラベル・アワード」の『世界で最も美食を楽しめる国』部門で7年連続で最優秀賞受賞を果たしました。インカ帝国時代のアンデス文化をベースに、その後南米を征服したスペイン人、さらに移民としてペルーにやってきた日本人や中国人による影響も受けているペルー料理。様々な食材が使われ、醤油が使われることも多く、日本人にも親しみやすい味です。

ペルー料理の特徴
変化に富む地形やさまざまな気候風土、移民が持ち込んだ多様な食文化の融合がペルーの豊かな食文化のルーツと言われています。
ペルー料理は、3000種類にも及ぶジャガイモ、トマト、とうもろこしなどアンデスを起源とする日本でもなじみのある野菜類から、日系人が広めた日本の食文化から発展していったメニューや、セビーチェなどの柑橘果汁でしめる魚料理など、日本人にも親しみやすいメニューが多いのも特徴です。
セビーチェ
ペルーを代表する料理。新鮮な白身魚やタコ、エビなどをレモンでしめ、紫タマネギとあえたマリネのような料理。ペルーの国民食。
ロモサルタード
ペルーの庶民料理の定番の1つ。牛肉とフライドポテトと玉ねぎとトマトの炒め物。味付けに醤油を使っているので日本人にも親しみやすい美味しさ。
アヒデガジーナ
鶏肉のほぐし身と玉ねぎ、牛乳に浸したパンをペルー特産の黄色い唐辛子とクリームで煮込んだ料理。ご飯にかけて食べるのでカレーライスに似ている。
ピスコサワー
ペルーの国民的カクテル。ペルーを代表する蒸留酒ピスコに卵白やレモンを加えてシェイクした甘口のカクテル。
パパアラワンカイナ
鶏ペルー中部ワンカイヨ地方発祥の料理。ゆでたジャガイモにクリーム、チーズ、黄色いトウガラシなどで作ったソースをかけた、食べやすい味。
チュペデカマロネス
チュペとは濃厚なスープのこと。川エビをトマトスープで煮込んだものでエビのだしが出ていて素朴な味わい。絶品。
カウサ
鶏ペルー中部ワンカイヨ地方発祥の料理。ゆでたジャガイモにクリーム、チーズ、黄色いトウガラシなどで作ったソースをかけた、食べやすい味。